2017年07月27日

ヒトツキイチザン-大菩薩嶺(登山講習) [2017-07月16日]

先日、7月16日(日)に今行ってる登山講習で「大菩薩嶺(だいぼさつれい)」に行ってきました。
大菩薩嶺というのは山梨にある山なんですけど、標高が2000を越すけれどそんなに大変ではないから、この季節、涼しいという点で人気の山です。でもここは常にハイカーが多いところみたいですね。
中央線で甲斐大和か塩山という所まで行き、そこからバスかタクシーで行けます。

★クリックして、ウインドウが変わったらもう一度クリックすると大きくなります。(多分)

DSC02243s.jpg
最初は林の中を進みます。エゾハルゼミが鳴いてて、ちょっと不思議な感じ。

DSC02252s.jpg
大菩薩嶺、頂上は景色がみえない。

DSC02249s.jpg
これ、三角点なのですが、分かります? 赤の「ここ」って書いてあるところが、この三角点が埋められた時の土の位置。地面が下がってるんですよ〜。

DSC02262s.jpg
ガスっていたのですが、だんだん景色が見えてきました。池みたいなのが上日川ダム。

DSC02269s.jpg

DSC02270s.jpg

DSC02277s.jpg

DSC02271s.jpg

DSC02279s.jpg
こういうガレをおりていくと

DSC02287s.jpg

大菩薩峠。彼はチームの最若手。ちなみに二番手私。(笑)
この「大菩薩峠」という名前を登山してない人が聞くと、ある程度の年齢より上は「ああ!中里介山ね」とか「市川雷蔵ね!」とか、小説と映画に行きます。小説の作者、中里介山の名前をとった介山荘は大菩薩峠にありました。小説はすごく長い上に未完。
 とても歩きやすい、景色が楽しめるいい山でした。またいこうと思います。季節が秋とか春でも楽しいらしいです。


タイムや標高はこちら

三角点とは→こちら
posted by チウチウ at 14:42| Comment(3) | ヒトツキイチザン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

ヒトツキイチザン-越生ウォーキング [2017-06月24日]

6月24日に、みちうと埼玉県の越生(おごせ)に行ってきました。
何故越生かというと、梅干しの梅を買いに行くために(笑)
埼玉と東京あたりだと、この地名は皆さんよくご存知なのですが、私、静岡出身なんでちょっと説明。
埼玉県越生町(おごせまち)は埼玉のちょうど真ん中あたりで、梅が有名なところです。
池袋から行くと電車で65分くらいです。

なんでこの町が越生で「おごせ」って言うか? それはですねえ、この越生の山の尾根を越えて行かないと、秩父に行けないから「尾根越し(おねごし)」→「尾越し(おごし)」→「おごせ」なんだって! かの柳田國男先生もそういってるってwikiに書いてありました。(越生町 wiki)

だから今回のウォーキングも峠が二つもあったのね。 
最近「登山講習」に行ってまして、初めて「峠」の意味を理解したワタクシとしては、結構タイムリーな話題でした。
峠って、日本昔話とかだと山の頂上のイメージじゃないですか。
でも、登山の方から見ると、実は山の頂上と頂上を結んだ「尾根」という部分の一番下の部分なのです。
なぜかと言うと、村や里から山を越える場合、わざわざ山の頂上を越えていくのは労力的にも大変だからで、越えられるならば、尾根のちょうどその一番低い所を越えていくのですね。でもそこは村や里から見たら、「村里や沢より高い場所」になるわけで、そこを「峠」というのです。
尾根伝いに歩いている登山の方々は峠といえば、前後が登り坂になる一番低い所で、昔の山越えと言ったら、前後が下り坂になる。生活のための山越えと違って,登山は、贅沢な遊びなんだなと思いました。


★写真は一回クリックしたあと、もう一度クリックすると大きくなります。

06240132.jpg
天狗の滝

06240133.jpg
夫婦橋

06240135.jpg
女滝

06240136.jpg
男滝

ここから登山道へ行くのに若干迷う…。

06240137.jpg

これ左右に文字が刻まれてましてね。「右ノ至 高山不動尊」になってるの。江戸時代のものかな。
確かに方向的には高山不動尊だけど、結構あるよ…ね…。昔っていったいどうやって歩いてたんだ。
ちなみに左は「三…」しか読めないから「三滝」かな。

06240138.jpg

06240139.jpg

この日は雨こそ降らなかったけど暑くてね〜。この日照り水は、きちんと濾過されて出ていて、コップ持って行けばよかったと思いました。


06240140.jpg

06240148.jpg

鹿がいました。

06240149.jpg

役行者像

06240150.jpg

06240151.jpg

もしよかったら、山の記録としてこちらにも時間やルートが書いてあります。見てみて下さい。
ヤマレコはこちら
posted by チウチウ at 19:00| Comment(0) | ヒトツキイチザン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

チウチウ園

今、市民農園を借りてまして。
つたないながらも、細々と(ほんとにね)収穫しております。
農業は指図されてやるのは結構簡単なんだけど、自分で全部やらなきゃいけないのは結構大変。

でも最近思うのです。
今、人生の中で一番可愛いものをみつけてしまった…と。
それは胡瓜のつる(写真ないけど…笑)
ほんとに「ひしっ」と巻き付いてる姿が可愛くて…私がちゃんとした胡瓜ネットをかけてなくて、多分生死に関わるからよけい必死なんだろうけど。

私が清少納言だったら、間違いなく枕草子に書くね。
ほこりつまんで小首傾げてみせる幼子より可愛い。

tomato.jpg
トマト

ooba.jpg
安定の大葉。つねに収穫できる(つまり他はまだほとんど収穫できないというこっちゃ)

hatuka.jpg
ハツカダイコン

nasu.jpg
途中あまりにも弱々しくなってしまって、待ちかねた…茄子

kushinsai.jpg
この先が楽しみな空心菜。摘芯しながら大きくするんだとさ。

edamamenohana.jpg
枝豆の花。その名も「湯上がり娘」(←品種名)。

この他にししとうとピーマン、胡瓜、あとなんだか勝手に生えて来たものもありますが、色々楽しみです。
梅雨を無事に越してくれたまへ〜。

ちなみに、農園のゴミ捨て場にはよその堂々たる大根の葉っぱとか堂々たるジャガイモの茎とか、トウモロコシの葉っぱとか捨ててあり、もったいないんで草マルチ代わりに土にしいてます。
ありがたやありがたや。
posted by チウチウ at 13:50| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする